« 久しぶりの浅草♪ | トップページ | わっちにとっての着物道の始まりは……。 »

2010年2月10日 (水)

高価なのに何故?着物にハマるのか…。

高価なのに何故?着物にハマるのか…。

ハマり方も千差万別・十人十色ですが♪

お金があって、ただ買う事で満足する人〜。コレクションみたいに見て楽しむ人(^^ゞ

仕事や習い事で、着ない訳には行かない人。その中でも、ただ着てればイイ!
と思う方と、拘る方とも大差があります。

全て頂き物で楽しむ人〜♪

お婆様やお母様の品を沢山の思いと一緒に、楽しみたいと言う人。

ともかく古着が好きな人♪

まだまだ色々ありますが〜〜。

わっちも最初は〜どうでも良かった派…?

着物に大金は無縁!
どうにか安く素敵に楽しみたい!のが、
優先順位第一番!

結果的には、無知ゆえの安物買いの銭失い…m(__)m
まぁ…これが勉強代?と言うのでしょうか…

「適正な価格」には、それなりの理由があるのです。
その「適正」は…勉強しなきゃ分からない!
何事も同じですが、
頭でっかちの知識ではダメなんです。
だから焦らずに、
自分のペースで着物道は歩くべき♪
着付けも買い物も、けして「焦ってはダメ」

ゆっくり時間を楽しむ贅沢を、味わって欲しいと思います(^.^)

それからもう1つ大事な事は、
相手さんが「着物を売ろうとしているのか?」
「その着物の事をちゃんと語ってくれているのか?」
ここが、大事!
売りに押されて買った着物は、
必ず、出番がなくなるか、後悔します。
よく「買わされた!」と言う人いますが…、
わっちにとっては〜悲しい言葉です…m(__)m

高価なのに何故?着物にハマるのか…。
高価なのに何故?着物にハマるのか…。

で、本日の写真♪
一見、普通の小紋ですが…
「追っかけ」と言われる型紙を使った小紋です。
これは江戸幕末…たった三年間しかなかった「文久」に作られた型紙を使った小紋です。(約140年前)

糸入れ(突彫では染色の時に文様がずれない様に型紙に生糸を張ります)の技術がなかった為に、
おも型・けし型と呼ばれる型紙を二枚使って染めていました。
別名「夫婦型」とも呼ばれるそうで、素敵でやんしょ?

それから型紙も今より小さかったそうで…

この小紋は、その巾のまま熨斗目に染めた着物です♪
しかも!あの天然灰汁醗酵建阿波藍染と来ちゃ〜♪

その手間ひま…考えただけでも気が遠くなる〜。
まして、140年の時を越えて今!

ゲット出来るか否かは別としても…(^^ゞ

立派にハマる価値!
あるでやんすよねぇ♪
〜o(^-^o)(o^-^)o〜


ブログ村 ファッションの豆知識

ブログ村 着物・和装

|

« 久しぶりの浅草♪ | トップページ | わっちにとっての着物道の始まりは……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高価なのに何故?着物にハマるのか…。:

« 久しぶりの浅草♪ | トップページ | わっちにとっての着物道の始まりは……。 »