« 着物道…嫌よ嫌よは…好きな内!( ^^ゞ | トップページ | 久しぶりの浅草♪ »

2010年2月 8日 (月)

事業仕分けの波が子供達の文化芸能まで…。

事業仕分けの波が子供達の文化芸能まで…。

唐突ですが、こんな始まりで済みません。
先日ブログでお話した「子供達に日本の文化芸能を伝えよう」の無料体験…。
今年は梅太郎の発表会が、2月14日に近所の中学校の体育館であります。
最初の子供歌舞伎は、東京大江戸博物館で、それは立派な発表会でした。
次の年の日舞も、代々木オリンピック会館内の立派な所。
で、今年は何で近所の中学校の体育館?と不思議に思いましたが…
なんと!今年度からは、この形での体験は廃止になったそうです。
(@_@)これも…無駄?

何だか、ガッカリ…。とても心が寂しくなりやした…m(__)m

急激に変化していく中…日本は、どうやって子供達に大切な伝統文化を、
残し伝えて行くのだろう…かと。

着付けも、また然り!
せめて自分で着れる。
子供や知り合いの普段着くらいなら、
着付けてあげられる。
ご縁があって、わっちが知り会えた方々には…、
微力ながらも、伝えよう!と。

着物は日本人が世界に誇れる民族衣装です!
何か〜怒りにも似た正義感が沸いてきちゃいましたよ(^^ゞ

で、本日の呟きですが〜♪
こんな始まりになってしまったので…。
日本人の心の話しでも(*^^*)

「羽織はいつからいつまで着れるんですか?」の質問に、
わっちは「そう…枯葉が散り出したら羽織って〜桜が終わる頃には、そろそろ仕舞う〜」って答えています。
昔の日本人は、もっと自然と仲良し…、
自然と共に暮らしていた様に思います…。
一年中どんな野菜も食べられますが、
「旬」の物には何倍もの栄養がある!
その時期にしか食べられない物に、
喜びと四季を感じていたはず…。
今でも本藍染の種まきは、ツバメが来る時期を待ってするそうですよ。

事業仕分けの波が子供達の文化芸能まで…。
事業仕分けの波が子供達の文化芸能まで…。

何でもあり!も良いですが〜。
折角「四季」があるのだから、大切にしたいなぁ〜と思います♪

その点、着物は四季を常に感じ「先取り」のお洒落を楽しめる!
着物人口が少なくなって…
「一年中楽しめますよ〜♪」なんて言う着物や帯が増える中、
ちょっとだけ贅沢して
「この時期だけの!」なんて言う着物や帯があれば〜
「待ち遠しい〜♪」と言う楽しみも生まれます(*^^*)

なぁ〜んて言ってるわっちこそ!
箪笥の中「この時期勝負!」と、
出番を待ち遠しく〜楽しみにしている着物や帯…
あったかなぁ〜(@_@)

今年は是非、そんな着物や帯との出逢い〜♪
あったら良いなぁ〜♪
こらこら!死んでも治らない〜着物馬鹿!ってね(^^ゞ


ブログ村 着物・和装

|

« 着物道…嫌よ嫌よは…好きな内!( ^^ゞ | トップページ | 久しぶりの浅草♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けの波が子供達の文化芸能まで…。:

« 着物道…嫌よ嫌よは…好きな内!( ^^ゞ | トップページ | 久しぶりの浅草♪ »