« 2月の第一弾は〜我が家の「梅太郎」で幕開け(*^o^) / | トップページ | 鬼は外〜福は内〜♪ »

2010年2月 2日 (火)

大好きな江戸小紋の話♪其の一♪

大好きな江戸小紋の話♪其の一♪

思えば〜初めて自分の意思で買った着物は〜
大小霰の渋い紫の江戸小紋でした。
何にも知らず、迷わずに「これがいい!」と…17年前の事。
それから、良いなぁ〜と思う着物の殆どが、江戸小紋だと知り…。
更にルーツを知ってからは益々好きになりました。

ご存知の通り武士の礼装である裃が原点。写真(上)
江戸の将軍・徳川家康が「袖も裾も切ってしまえ〜!」と言って出来た形です。
当初は無地であった裃が、参勤交代制度で江戸に各藩主が集まるようになって来ると、
お国自慢を表す柄へと変化♪
各藩が競い合い、権力の一つの象徴となって行きました。
武士は庶民の羨望の的でありましたが、
勿論、各藩の定め柄はその藩だけのもの!
庶民には許されない柄でした。
江戸も中期になると、財力を持ち始めた町民が、軽妙洒落な柄を作り上げ、先ず男性に広まり、
後期には女性へと♪

江戸小紋は武士のプライドと庶民の遊び心とが相まった物♪
型紙(伊勢型紙)を作る人・その型紙を彫る人・そして染める人…♪
お互いの切磋琢磨の中で、
極々鮫小紋なんぞは〜100円玉に800粒もの穴を彫り染め上げる♪
日本人にしか出来ない技でやんす〜m(__)m

家の象徴は「家紋」
着る物は「身分保証」さらに色・柄は「階級」を表しましたが、
今日では、どんな色柄も自由に楽しめます♪
ちなみに〜わっちのお気に入りは江戸・徳川将軍家の「お召十」
好きな柄が見付かったら是非、
ルーツも調べてみると、より愛着が湧いてくるでやんすよ(^_-)
東のわっちらは、遠目は無地でも近くで見たら〜、
ありゃ〜♪この細かい柄は〜(@_@)
の江戸小紋を好みますが…。
西のお方は…ほとんど着ない?とか…。
色無地なら、無地!
と言っていました。

大好きな江戸小紋の話♪其の一♪
大好きな江戸小紋の話♪其の一♪

江戸小紋の話しは、一晩二晩では〜終わりません(^^ゞ
また直々、飛び入りさせて頂きやすね♪

さて、アマテラスさん(*^^*)
毎日お仕事ご苦労様です。またお疲れの中で毎日、覗いて頂いて…本当に嬉しいです♪
「お胸豊かなおデブちゃん」なんて素敵な♪羨ましい〜♪
いくら補正で作っても自然な豊かさは、作れませんからね(^^ゞ
わっち…思うんですよ…m(__)m
女の着物は「丸く優しく…」ってね♪
女優の肝っ玉母さんこと、京塚まさ子さん♪覚えていますか?
彼女が着物を選ぶ時、けして「痩せて見える物、選んで下さい」とは言わず、
「ふんわり優しく見える物を…」と言ったそうです。
そう!嬉しい事に括れたウエストは着物の大敵!(^_-)
豊かな胸は、優しく綺麗な胸元を!
★ポイント其の1
嫌いでなければ和装ブラを。平らな胸を作ります。
★ポイント其の2
長襦袢の衿は首から離し肩に乗せる様に。合わせの角度もやや浅めに。
★ポイント其の3
帯にも角度を付けて胸が帯に乗らない様に。
★ポイント其の4
先ずは一度、稽古場に(^_-)お待ちしておりやすぅ♪


ブログ村 ファッションの豆知識

ブログ村 着物・和装

|

« 2月の第一弾は〜我が家の「梅太郎」で幕開け(*^o^) / | トップページ | 鬼は外〜福は内〜♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大好きな江戸小紋の話♪其の一♪:

« 2月の第一弾は〜我が家の「梅太郎」で幕開け(*^o^) / | トップページ | 鬼は外〜福は内〜♪ »