« さらり〜春らしい装い♪ | トップページ | 文様はなし♪其の二 »

2010年3月16日 (火)

今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪

文様はなし♪其の一

日本人は森羅万象、あらゆるものを意匠化し、
文様装飾として使いこなしてきました。
美しい自然や豊かな四季のある国に暮らす、日本人の美意識♪

人生の門出を吉祥文様で祝い、春は桜、夏は涼風、秋は紅葉、
冬は清新の気をもたらす文様で、初春を迎える〜♪

麻の葉や鱗柄には、子供の成長を願ったり、女性の厄除けとして…。

全てとは言いませんが、よく使われる文様や、自分の着物の柄ゆき位は、
折角だから知っておくのも、また着物道の楽しみ♪

今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪

★「鱗」うろこ
三角が交互に入れ代わって構成される文様。魚の鱗に似ているので、この名前♪
能や歌舞伎の鬼女や、蛇の化身の衣装に使われます。
女性の厄除け柄♪

★「麻の葉」
麻は丈夫で成長が早い事から、
子供の産衣の定番柄です♪

★「市松」
世界中で古くから用いられてきた割付文様。石畳とか碁盤縞とも言われます。
江戸時代の歌舞伎役者・佐野川市松が衣装に用いて人気を呼んだので、
この名前が♪

★「立涌」たてわく
波状の線が向かい合う縞柄。
上皇や親王の指貫や能装束にも用いられた格の高い柄です。
膨らみの中に、菊・桐・雲などを入れた高涌もあります♪

★「亀甲」
正六角形の幾何学文様、
亀さんの甲に似ているので、この名前♪
長寿吉兆を祝うめでたい柄です。
亀甲を上下左右に色を変えた「亀甲繋ぎ」
亀甲の中に花菱をいれた「亀甲花菱」
亀甲を山形に三つ組み合わせた「毘沙門亀甲」など…。
大変好まれている文様です♪

皆さんの箪笥の中にも…
必ずこの文様が、
あるんじゃないでやんすかねぇ〜(~_~)

今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪
今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪
今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪
今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪

♪アマテラスさ〜ん♪お久しぶりのコメント、有難うございました(^3^)/
いくら、呟きブログと言えども…、
誰〜れも何も言ってくれねぇ〜と、
寂しいモンでやんすぅ(^^ゞ
で、「帯」ですね?
着物で運転!カッチョいい〜!
もっぱら、わっちは…歩きと電車〓

★まず、着物着ると姿勢が違いますから、
シート位置をチェック♪
お尻辺り、下目にクッション当てると楽になりますよ(^_-)

★わっちらの秘密兵器の帯板なら、運転中は〜くるりと前に♪
降りる時に、またチョイと回せば大丈夫!

★お薦めは、お洒落な半巾♪昨日のブログのsakiーchanの姿〜、
如何でやんすか?
何かリメイク出来る帯…探してみたら?

★薄めの帯枕にして、やっぱり「お太鼓結び」がベストかなぁ〜♪「角出し」は…潰れちゃうでやんすぅ(^^ゞ

毎日、お疲れなのに覗いて下さり本当に、
有難うございます♪
近々…会いたいねぇ♪


ブログ村 ファッションの豆知識

ブログ村 着物・和装

|

« さらり〜春らしい装い♪ | トップページ | 文様はなし♪其の二 »

コメント

え~っと、OKUMIさんに質問です!
最近喪服の由来がきになってます。
むかしのお武家さんはしろ装束でしたよねぇ~・・・でも今日では、
黒です!いつのころから、白~黒になり、何故黒になったのでしょう?
以前TVのドラマで、松本清張の「けものみち」とゆう番組で
米倉涼子が、白喪服を着てました。
何故か気になるのです。

他装ばかりしている私は、自装がやや大変になってきてます::::
歳のせいか、腕がきついのです↓まずいですねぇ~
でも、言い訳じゃないんだけど、人にきれいに着せるのって
自分できれいになるより、たのしいいし、うれしいし、きれいになった
人をいると、幸せな気持ちになるのです!!

投稿: アマテラス | 2010年3月17日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週は…文様の話を〜ぼちぼちと♪:

« さらり〜春らしい装い♪ | トップページ | 文様はなし♪其の二 »