« ★わっちの本当の理想は〜補正なしで着物を着る事〜★ | トップページ | ★秋からは〜着物で外へ〜色々歩いてみましょうか〜★ »

2010年8月10日 (火)

★江戸小紋伝統工芸師さんにも、得て不得手があるそうで〜★

先日の江戸小紋のトークショー以来、
何んだか、不思議と江戸小紋に触れる機会がありまして〜♪

保科土山氏の江戸小紋を扱うメーカーさんと色々と、お話しさせて頂きました(^.^)

保科土山氏は、残念ですが、引退なさり息子さんが後を継いでいるそうです♪

先日のハートの江戸小紋は、息子さんの保科勝信氏の染めによる品です(^_-)

しかし、父上様の毛万筋・極鮫は〜本当に美しい〜m(__)m
渋い大人しい着物ですが…正に江戸の粋、心意気が伝わる江戸小紋でした♪

20100806103701
20100806103702

それから、市松取りに太さの違う縦横の縞で染め上げた江戸小紋!こちらは、偶然の産物(^^ゞ

横縞の市松にだけ「モアレ」と言われる現象が表れ木目柄が〜♪
勿論、自然現象な為に各市松、それぞれ違う木目柄が表れる!
これを型紙で出すとしたら…どんでもない作業になります…(@_@)

単色なだけに、深く味のある…いい着物でした♪

「モアレ」…皆さんも経験ありませんか?
江戸小紋の縞や鮫・行儀や角通しなど、写真で写した時に、うねりが出た事…。
これは、布目と染めの線にズレが生じた為に起こる自然現象なんだそうです〜(^_-)

20100806103803
20100806103804

しかし「極」と呼ばれる江戸小紋を染められる人は限られた人!

しかし!上には上が居る!
この「モアレ」を、染める際に生地を左右に引っ張り、モアレを利用して微妙な木目を作り出す人も居るそうです(^_-)
こちらは「引き杢染め」と言って、藍田氏しか出来ない染めだそうです♪
他にも「みやま染め」と言う独特のボカシのような染めもなさる方だそうで…♪

例え、伊勢型があったとしても、他の人には染められない!
伝統工芸師には、それぞれの得意とする染めがある!

だからメーカーさんは、柄を見れば誰が染めた柄なのか〜分かるそうですm(__)m

20100806103805
20100806103906

ちなみに、先日の田島先生は〜「どちらかと言うと単色の細かい江戸小紋よりも、色分けした江戸小紋が得意なんだよなぁ〜」と〜♪

確かに…アートデザイナーの高橋氏とコラボして、2色3色を色分けして染め上げた江戸小紋…納得出来ました(^_-)

伊勢型は、メーカーさんが、オーダーして彫って貰うそうですが、今のご時世…1件2件のメーカーさんからの注文では、とても食って行けない…m(__)m

「これはイイなぁ!」と言う伊勢型…チョイと彫り方・デザイン変えて〜他のメーカーさんにアプローチ!良い事ではないけど…そうしないと、お互い生き残って行けないのが現状だとも話して下さいました…(-_-;)

でもね、それを染め上げられる職人さんあっての伊勢型!
自然と、メーカーさんのカラーも出る!

洋服のように簡単にはコピーは出来ませんやねぇ〜(^^ゞ

プリントなら、ムラのない江戸小紋が作れます…また、ムラまでも機械で作る事も可能だそうですが、人の手によるムラには「味」がある!
わっちは…この「味」の分かる人間で居たいと思いやす…m(__)m

また「凄い!」と思う江戸小紋…柄によっては、シルクスクリーンも多々あるそうです。「何んで!?」と聞いたところ…「もう、この柄を彫れる人が居ないから…」と…m(__)m
残念でやんすな…。


本日の写真「運を呼び込む江戸小紋」

★どんな柄が彫られているか〜お分かりですか? (^_-)


ブログ村 ファッションの豆知識
ブログ村 ふだん着物
ブログ村 着物・和装

|

« ★わっちの本当の理想は〜補正なしで着物を着る事〜★ | トップページ | ★秋からは〜着物で外へ〜色々歩いてみましょうか〜★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★江戸小紋伝統工芸師さんにも、得て不得手があるそうで〜★:

« ★わっちの本当の理想は〜補正なしで着物を着る事〜★ | トップページ | ★秋からは〜着物で外へ〜色々歩いてみましょうか〜★ »