« ★好きな事なら頑張れる!でもねぇ〜困ったモンだぁ〜(-_-;)★ | トップページ | ★屋形船〜遊んで来ましたよ〜(*^^*)★ »

2015年8月 5日 (水)

★江戸の浴衣と京都の浴衣〜根本が全く違うんだなぁ〜(^_^;)★

2015073106492着物に関せず小さな島国なのに〜東西の違いは沢山ありますやねぇ〜♪東京に対抗意識を燃やす方もいらっしゃいますが〜根っからの東京人って、かなりの田舎モンでやんすよ〜♪言葉だって標準語じゃない…「ひ」と「し」・「す」と「つ」が正確に使えない…(漢字変換する時にマジ困る)早口でブッキラ棒、お世辞は上手とは言えないし…まぁ〜つまんねぇ〜ヤセ我慢する時もあるけど〜同じ日本人に対して生まれ育った場所の違いで、対抗意識を持った事は、わっちはないねぇ〜(^_^;)その違いをお互いに認めれば〜こんなに楽しい事はない!こんな了見だからわっちは"他所者"扱いされてイジメられた記憶がないんだよなぁ〜(鈍いだけだよ!って!?違うよ、違う)

2015073106481東西の浴衣の違いがいつ頃から生まれたのか〜大元を遡ると平安時代の"湯帷子"(ユカタビラ)〜湯浴みの際に肌が露わにならないよう身に纏った衣だったようで〜麻や木綿の白生地で、袖も縫っていないバサッとした物だったそうで、身分の高い人々が用いる物でした。江戸時代の将軍は湯から出ると浴衣を十数枚も着替えて汗を拭ったそうな〜(^^ゞ風呂が一般庶民にも広まるようになると、風呂場へ出掛ける時には浴衣を持参し、風呂上がりにそれで体を拭った様子が浮世絵にも描かれています。庶民が一番着ていた浴衣は、盆暮れに頂いた手拭いを繋げて作った物だそうで〜今、思えばお洒落ですなぁ〜(^_-)
2015073106503でも、あくまでも家着か、せいぜい近所の散歩着止まり…その後、町内会や連で揃いの浴衣を誂える風習が出来たり、女性が長旅に出る時のコート(今で言う塵除けや雨除け)等、外でも用いられるようになって行く〜進化が始まる訳です♪
江戸の浴衣のファッションリーダー、動く広告塔は何んと言っても歌舞伎役者!藍と白と言うシンプルな色なのに大胆な意匠物、一見幾何学模様なのに実は言葉遊びや意味が込められている柄など〜着物の柄のように絵巻物や古典柄でなく、身の回りにある物ばかりが江戸浴衣の特長で、江戸土産としてもて囃されたそうです。粋と涼しさを求める浴衣〜どう自分の肌のように着られるかが一番大事な江戸の浴衣に対して、京の浴衣は"はんなり浴衣"〜お洒落度の高い、夏の着物として着る習慣があったようです♪誰もが気楽に浴衣を着て日中出歩くようになったのは明治30年前後頃ではと〜明治後半から大正時代を挟んで昭和初期は、京友禅が一番華やかだった時代です。糊友禅と言う技法が生まれ、当時は染色もデザインも日本の工芸技術水準はとても高く世界からも注目されていました(因みにHERMESのスカーフは同じ技法で作られています♪)
2015073106504ヨーロッパはジャポニズムに憧れ、日本はアールヌーボーやアールデコの運動を持ち帰り、日本の伝統的意匠と合わさって"大正ロマン"となった。京の浴衣はそんな時代を背景に生まれた柄〜(^.^)
わっちは、どちらも好きですが〜江戸の長板中形も京友禅も、職人の高齢化と後継者不足で…危機的状況、風前の灯だとか…着物ブーム?浴衣ブーム?は嬉しいけど、多くの皆さんが着ているのはインクジェットプリントで作られた安い海外物で…着物好きの一人としては何んとも複雑、胸が痛みます…(-_-;)

 
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
ブログ村 着物・和装
ブログ村 ファッションの豆知識

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

|

« ★好きな事なら頑張れる!でもねぇ〜困ったモンだぁ〜(-_-;)★ | トップページ | ★屋形船〜遊んで来ましたよ〜(*^^*)★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★好きな事なら頑張れる!でもねぇ〜困ったモンだぁ〜(-_-;)★ | トップページ | ★屋形船〜遊んで来ましたよ〜(*^^*)★ »