« ★時代衣装の素敵なコレクション〜(^_-)★ | トップページ | ★江戸の着付けセミナーご報告の最後は〜(^_-)★ »

2016年2月27日 (土)

★江戸時代の着付けで形に捕らわれないアレンジを学んだ事が一番の収穫(^_-)★

帯結びの実演&実習は前回とほぼ同じでしたので、わっちらは少し余裕を持って進める事が出来ました。どうしても理解出来ずに手が止まってしまう手順もクリア〜同じ講習を二度受ける事はスゴく有意義です(^_-)

そして今回は更にアレンジも頭に入った!教え通りに結べない帯の仕上げはどうしたら良いのか…これがスンナリと理解出来たのです♪要するに何んでも有りなんです。でもね〜この何んでも有りをカッチョ良く仕上げるには経験と技が必要で〜大塚先生は流れる様な無駄の無い手捌きで「ど〜しようかなぁ〜」と呟きながらカッチョ良く仕上げちゃう!今回は先生の手捌きを只々ひたすら追い掛けました。鉄は熱い内に打て!ですから翌日早速、資料や写真の整理と ボディちゃんを相手に復習!帯結びの手順は頭に入りましたが…無駄の無い手捌きに関してはもう一度セミナーを受けないと、この先はスッキリ進めないなぁ…それまでは練習を繰り返します(-_-;)

江戸の"角出し結び"と"引っ掛け結び"は今の着物道をより楽しむ為にはお薦めの結びです。上手く仕上がらなかった"引っ掛け結び"も帯〆を使うアレンジでイイ〜形に仕上がって満足でやんすぅ〜♪

 
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
ブログ村 着物・和装
ブログ村 ファッションの豆知識

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

|

« ★時代衣装の素敵なコレクション〜(^_-)★ | トップページ | ★江戸の着付けセミナーご報告の最後は〜(^_-)★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★時代衣装の素敵なコレクション〜(^_-)★ | トップページ | ★江戸の着付けセミナーご報告の最後は〜(^_-)★ »