« ★江戸時代の着付けで形に捕らわれないアレンジを学んだ事が一番の収穫(^_-)★ | トップページ | ★2016年3月のさらり・モアさらり★ »

2016年2月28日 (日)

★江戸の着付けセミナーご報告の最後は〜(^_-)★

前回は"身幅の大きい着物"をどう着せるか?のモデル〜今回は"角帯を女性が楽しむ方法"のモデルになりました。結局また人前で長襦袢姿になった訳ですが、勉強の為!体で大塚先生の着付けを体感するチャンス!人前で長襦袢姿になる事なんて屁のカッパでやんすぅ〜(^_-)しかし…今回はかなり手抜きの姿…皆様に一言「スゴい手抜きの下地でスミマセン…」と謝ってからウエストベルトを解きました(^_^;)
実は主催者である石川先生に前々から「対丈の着物をカッチョ良く着こなしたいのですが…どうしたら良いでしょう…何か仕立てで私の希望に沿うような方法はありますか?」と相談していて結論が出ないままになっていたのです。石川先生はそれを覚えていて下さり角帯のモデルとして指名して下さった〜嬉しかったです♪

さて、着物は母上さんから譲り受けたチェニー小紋…裄も袖丈も身丈も短い、しかし仕立ては普通です。大塚先生はシッカリ裾線を決めるとヘソ下10㎝辺りに腰紐を締め始めました。ひぇ〜!こんな位置の紐は初めて〜何んとも不思議な感覚ですが上半身が解放されてメチャ楽だ!後ろへ回した腰紐はスゴいカーブを付けて上にあり、これも安定していて気持ち良い〜♪衿合わせはゆったりと最後は衿巾を全て開いてある、衣紋も程好く抜けていて苦しくない。角帯は後ろで結ぶ"神田結び"と前で結ぶ"片結び"を実演して下さいました。どちらの結びも腹の下でピシッと決まりコルセットをしているようで動き易い〜ちょっとこれなら日常生活に支障ないかも〜と思える程快適でした。

一体わっちらの今の着付けは何んなんだ?機能性よりも今、美しいとされている"美"の追及のみを重視しているとしか思えない…。そうだよねぇ〜今の着物は日常着でなく"よそ行き着"に変化しちゃったんだモンねぇ〜20160221170710対丈の着物を快適にカッチョ良く楽しむ為には、ここの違いをシッカリ理解した上で頭を切り替える必要があるんだ…と、延長線上で足踏みしていた自分が見えた気がしました。よし!と、新しい一歩が踏み出せる予感を感じました♪
プロの技を近くで見る事、その場で実践する事、自分の体で感じる事、そして人に着付ける事…失敗を繰り返し疑問を沢山持つ事、好きな道ならこれを一生続けられる事はこれ程楽しい、幸せな事はない!翌日からボディちゃんを出したまま毎日一回でも手捌きの練習を繰り返している〜幸せなわっちでやんすぅ〜(*^^*)

セミナーからの帰り道、最寄り駅まで戻りいつものようにsakichanとお疲れ様の乾杯を〜着物談義はいつも以上に盛り上がった一日でした♪

 
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
ブログ村 着物・和装
ブログ村 ファッションの豆知識

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

|

« ★江戸時代の着付けで形に捕らわれないアレンジを学んだ事が一番の収穫(^_-)★ | トップページ | ★2016年3月のさらり・モアさらり★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★江戸時代の着付けで形に捕らわれないアレンジを学んだ事が一番の収穫(^_-)★ | トップページ | ★2016年3月のさらり・モアさらり★ »