« ★これからの着物は…どうなって行くのだろうねぇ…(^.^)★ | トップページ | ★やった〜!大好きだったイタリアンレストランが復活しました〜\(^O^)/★ »

2018年1月26日 (金)

★昨日の呟きの〜つ、づ、き〜(^^ゞ★

日常着が着物から洋服に急速に変わって行く中で…作り手がもう少し冷静に"これからの着物の在り方"を豊かな心で想像出来たなら…古くからの街の呉服屋閉店も少しは食い止められたかも知れないと思わなくもない…まぁ、結果論ですけどねぇ…。
日常着が洋服になっても"節目節目の行事には着物が着たい"と多くの人が思うけど…
①礼装用の着物は高いし一式揃えるのは大仕事で何回着れるんだろうと不安になる
②自分で着れない
③髪のセットも予約しないと
④雨降ったらどうしょう
⑤着た後のお手入れはどうしたら良いんだろう
等々…だったら洋服にしちゃおう!となる…分かります…m(__)m
幸い自分は母上さんが和裁も洋裁も着付けも出来たので、着物が着たいと思った時は当たり前のように着れました。そう、普通の主婦が当たり前に自分で着物が着れた最後の世代だったんでしょうねぇ〜。いつまでも母が着せてくれるから大丈夫!と疑わなかったのに母が遠くへ引っ越す事になった時、真っ先に頭に浮かんだのは不思議な事に「ヤバい!着物が着れなくなる…」だったんです。これが切っ掛けで着付け教室に通い現在に至った訳でやんすぅ〜(^^ゞ
とかく教室ってぇ〜モンは個性的な着方は許さず、チビもノッポもデブもヤセも皆同じ補正でスタートする。ゆったりとした着こなしは"だらしない"とみなされシワや弛みも嫌悪され〜この小物を使えば楽に綺麗に早く着れる!と力説される。確かに便利な小物はありますが選ぶのは着る手である自分でしょ!?
着付け教室の出現で作法が厳密に複雑化しちゃった事も確かで…これじゃ楽しくないって言うか遊び心がなさ過ぎる…"着付け教室"が花嫁修業習い事の一つだった時代もありましたからねぇ〜(^^ゞ
チョコチョコ意味ない免状習得の為の試験がありお金も掛かる…いつになったら修了するのか先が見えるような見えないような…で、結局、何年か通っているだけじゃ素敵に着こなす事など出来ないのが現実。早く簡単に上手になられちゃったら着付け教室、運営出来ないモンねぇ〜(^_-)
ここ何年かずっとカッチョ良くて楽な着こなしってないかなぁ〜と考えています。服と着物のゴチャ混ぜのコーディネートは自分の世界じゃない…あくまでも着物は着物として楽しみたい…となると江戸文化に何かヒントがある気がするので、石川先生からお誘い頂ける"江戸時代の着付け技術研修会"がスゴく楽しみなんです♪これからも自分らしく着物道を楽しみたい!その為に今までの着物を整理処分してるし、髪もバッサリ!ショートにしてみた。
さぁ〜今年はどんな出逢いがあるのか〜精進を続けます〜\(^O^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

|

« ★これからの着物は…どうなって行くのだろうねぇ…(^.^)★ | トップページ | ★やった〜!大好きだったイタリアンレストランが復活しました〜\(^O^)/★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★これからの着物は…どうなって行くのだろうねぇ…(^.^)★ | トップページ | ★やった〜!大好きだったイタリアンレストランが復活しました〜\(^O^)/★ »