« ★参りましたねぇ…この大雪…m(__)m★ | トップページ | ★昨日の呟きの〜つ、づ、き〜(^^ゞ★ »

2018年1月25日 (木)

★これからの着物は…どうなって行くのだろうねぇ…(^.^)★

201801231

これからの着物の事など…自分が語るなんて烏滸がましいのですが…自分なりにシッカリと着物と向き合って20年余り経ちました。
自分が幼い頃の日常には(昭和30年代)未々着物で過ごす人達が沢山居ました。入学式や参観日にも母親達の和服姿がありました。でも、中学生になった頃(昭和40年代中盤〜)には和服姿の母親達は消えていたような記憶があります。母親達も行動範囲が広がって活動的になり洋服の方が断然に楽で効率良く経済的!着物は持っていたのでしょうが自分でちゃんと着れる人が減っちゃった事も着物離れの原因の1つかと…。洋服と違って着物は着方を教えて貰わないとどうにもならない…(>_<)これは2015年3月に発行された朝日新聞グローブで大々的に着物が取り上げられた時の物…確かに古くからの街の呉服屋さんが相次いで閉店、デパートの呉服売場もどんどん縮小、大手呉服問屋の倒産や馴染みの問屋も店仕舞い…明るい話題は少ない業界です。着物離れの原因は沢山ありますが、戦後…生活がガラリと変わり日常着だった着物が瞬く間にアッサリと洋服にバトンを渡してしまった。これからの着物の在り方など誰も真剣に考えていなかったと思います。焦ったのは呉服屋…需要が急速に減って行く中で日常着としての着物を、こちらもアッサリと諦めてしまった。そう、売上高の減少を単価を高くして補う作戦…高価格なフォーマル化に傾いて行ったんですよねぇ…で、着物への知識のない人が増えちゃうと"高い物ほど品質が良い"と価格を品質のバロメーターにしちゃった。仕方ない事だったかも知れないけど50年経って、節目節目の行事でも洋服で送る人達が増えちゃった。でも逆に"着物を着てみたい…"って思っている人は結構居るんです、それもその大半が"サラリと洋服のようにチョッとお洒落な普段着感覚で…"…と。あらら…作り手と買い手の心が180度違わない!?(@_@)
この語り…チョイと長くなりそうなんで本日はここまでに…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

|

« ★参りましたねぇ…この大雪…m(__)m★ | トップページ | ★昨日の呟きの〜つ、づ、き〜(^^ゞ★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★参りましたねぇ…この大雪…m(__)m★ | トップページ | ★昨日の呟きの〜つ、づ、き〜(^^ゞ★ »