« ★危ない危ない〜余裕咬ましてました〜(@_@)★ | トップページ | ★もう〜!ヤダァ〜!この風景〜(>_<)★ »

2018年2月23日 (金)

★梅太郎の振袖のコーディネートは〜こんな感じで〜(^.^)★

来年ですからねぇ〜そう、ノンビリはしてられない。暖かくなったら前撮り写真の予定も立てようと思っています。只ねぇ〜成人式当日、振袖を着て式に出席する気なのか着ないのか〜あの子の事だから分かりませんけどねぇ〜間際になって「振袖、着て行く!」と言い兼ねないので、準備だけは母が勝手に進めました。
ネネの時もアバウトな希望だけ聞いて勝手に準備しました。ネネはただ一言だけ「黒じゃなきゃ着ないからね!」でしたが、梅太郎は気が多い…「グリーンがイイ〜!」と言ったかと思えば「やっぱりブルーがイイ〜!」と、そんな事を何度も繰り返し…「やっぱり着たくない…」と言い出した。
世の中の母娘の多くは一緒に見に行き決めるパターンですが、我が家はきっとそんな決め方をしたら大喧嘩になって…憂鬱な日になるでしょう…m(__)m
只、幸か不幸か着物に関してだけは信頼を置いてくれてるようで〜"着物の事は良く分からないから…ママに任せるよ"〜と言う空気があります。なので今回は今までのように頭の中のイメージの記憶や写真などではなく、初めて実際に振袖を持参して納得出来るコーディネートに挑みました。時間はタップリあったので妥協せず焦らず悩み楽しんできました♪

ギンギンの金地の帯は合わなかった…これもイイ〜金地の帯なら合うのでしょうがリーズナブルな金地じゃマジでダメ、お話にならない、即!却下しました。で、同じリーズナブルな白地帯、色柄の雰囲気が微妙に違う2本を振袖に乗せてみたら〜より可愛らしいピンクが入っている方がシックリ来ました。振袖はシックなら素敵ですが、けして"地味"になってはいけない事を実感して学びました。自分が渋好みなので最初、振袖のコーディネートに本当に戸惑いました。でも、何年も何十人何百人の振袖姿を見ている中で、やっと理屈じゃなく感覚で振袖の世界が理解出来る様になりました。
我が家にある黒地の帯は渋いと言うよりも世界観が違う…白地の帯の方が初々しい二十歳の香りを感じます。
帯はリーズナブルに拘ったけど小物はねぇ、着物と帯を生かすも殺すも小物次第!重要なので一切の妥協は出来なかった(^^ゞ
帯揚を朱色に替えて平の帯〆にするとグッと古典な感じになる〜最終的には梅太郎の好みの方で行こうと思いますが〜取り敢えず一先ず一安心です♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

|

« ★危ない危ない〜余裕咬ましてました〜(@_@)★ | トップページ | ★もう〜!ヤダァ〜!この風景〜(>_<)★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★危ない危ない〜余裕咬ましてました〜(@_@)★ | トップページ | ★もう〜!ヤダァ〜!この風景〜(>_<)★ »