« 宮前平温泉は秋色に包まれていました〜(^.^) | トップページ | 日本酒の旨い季節になって来たぁ〜(^.^) »

2019年10月16日 (水)

チョイと素敵な本塩沢に出逢いました〜(^.^)

201910131442
201910131441

本塩沢ねぇ〜私が持っているのは二枚共に"やまだ織"でして〜正直、着心地は好きじゃない…それよりも母の古い本塩沢の方がシボが大きくて滑らかで柔らかくて好き、肌触り着心地共に気持ち良いと感じていました。"本塩沢は単衣に限る"とプロも着馴れた方々は皆、口を揃えて言う…確かに適度の張りとシャリ感は単衣向きかなぁ〜とは想像出来ますが心底、実感した事はありませんでした。

こちらの本塩沢は代々続く林さんと言う織元さんの品…無地に見えるのに万筋(本塩沢では先ず見た事無い)だったり乱縞の絣縞だったり、同色を多数重ねたグラデーション縞や、こちらは黄色をベースに無数の色を合わせた何んとも言えない深い味わいの絣縞、どれも本当にイイ〜色見でした。でも一番感動したのは、その風合い!肌触りでした。反物自体の巻きも通常の本塩沢よりも太いのに軽い…分かり易く言うとコレって結城紬の「結」と「紬」マークの違いみたい!機械で織ったか手で織ったか…触れたり着た人にしか本当の違いは分からないって事です。勿論、値段は通常の倍以上〜結城紬に関しては倍所じゃありませんけどねぇ〜。
各織元さんでの拘りは様々との事、でも…お話を聞いていたら私の好まない塩沢は、どうも機械織の様で…。勿論、大量生産出来るから価格もリーズナブルに抑えられるメリットもある訳で…買い手が何を重視して選ぶかの問題ですねぇ〜。
手織の本物の仕事をしてるイイ〜本塩沢なら("白鷹お召"と同じ工程)天然のストレッチ素材となり、縦横斜めの伸びも"お茶の子さいさい"〜ってなモンで、裏地のない単衣には理に叶ってるて〜訳だぁ〜♪
単衣の着物が欲しいと思ってたので林織元さんが作る本塩沢は打ってつけ!!しかし、自分がこの日一番気に入ったのは片身変わりの様に見えるけど実は、もっともっと拘ったグリーン系のシンプルな絵羽の本塩沢…こちらの多色の絣縞の倍はする7桁の着物…マジで宝くじを買いに行かなくちゃ!!
例年より2週間遅れで〜やっと大好きな金木犀の香りに遭遇出来ました、嬉しい〜幸せ〜(^.^)

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

|

« 宮前平温泉は秋色に包まれていました〜(^.^) | トップページ | 日本酒の旨い季節になって来たぁ〜(^.^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮前平温泉は秋色に包まれていました〜(^.^) | トップページ | 日本酒の旨い季節になって来たぁ〜(^.^) »