カテゴリー「文化・芸術」の244件の記事

2018年7月 1日 (日)

★日舞の着付けへ〜行ってきました〜(^.^)★

異常に早い梅雨明けで…いきなり東京の暑さも南国沖縄のような熱さでビックリポン…気象が変わって行く流れの中に居る事を実感しています。
只でさえ東京は住宅密集地、次々と高層ビルが増える中で地面の殆んどはアスファルトで被われてる…チャリに乗っていると蒸し器の中で蒸されている感覚の熱さで頭がフワァ〜っとしてしまう〜(@_@)
そんな中チャリで世田谷区民会館へ日舞の着付けに行って来きました。本日は世田谷区民文化祭だそうで〜日舞の他にも民謡ありフラダンスありでしたが〜参加者の多くは高齢者〜会館自体もかなりの高齢化〜勿論、入場無料ですが観客も高齢者でしかも疎ら〜何んとも不思議な世界を感じました。この会館内にレストラン(食堂)があるのですが…此処も店員さんを始めとしてメニューも雰囲気も、かなりレトロ感を楽しめるんですよ〜(^.^)
まぁ〜何はともあれ出演者の方々は真剣で楽しそうで活き活きしてる!これが全て!イイ〜と思います。わっちも着付けに呼んで下さるようになってから3年目になり日舞の着付けに何が重要なのかが少しずつ分かって来て楽しく仕事させて頂いております。
メンバーの年齢層は幅広いのですが、皆さん日舞をやっているだけに着姿、立ち姿が何気に美しい〜流石だと思いました。これからの季節、気軽に着れる夏着物を楽しもうと思っているので是非とも皆さんの美しい仕草を学んで活かそうと思います。
本日も有難うございました、お疲れ様でした、そしてこれからも宜しくお願い致します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

★完成しました!江戸時代の着付け研修会全3回のファイル!(^_-)★

20180516825

どうしても一冊のファイルに纏めたくて〜60ポケットあるファイルを買ってきました。このblogも"やろう!"と決意した2009年12月24日から今日までの9年間、毎日プリントアウトして保存〜20ポケットや40ポケットのファイルですが77冊にもなりました。ここまで来ると読み返すのも大変ですが〜何かを調べたり確認したい時にはとても便利です。パソコンが達者な方からすれば"何んて無駄な作業だ…"と思うでしょうが、あの画面の前に長時間座る作業は本当に疲れる、苦手です。ファイルなら電源を入れる必要もないし、パスワードも不要!いくらでも開いたまんまで居られる…やっぱりわっちは、この世界が安心する…(^.^)

で、流石に60ポケットは100均では売ってませんし、チョイと高いけどシッカリしていて重い…これに資料や写真が入るので更に重い…正直、余り持ち歩きたくないファイルです。3回目にしてやっと一番覚えたかった"江戸の角出し結び"が頭に入り記憶に残りイメージ出来るようになりました。後はどんな帯でも美しくカッチョ良く結べるように稽古を繰り返すのみ!
自由自在に帯を扱える日々を目標に楽しみに、これからも精進致します〜\(^O^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

★やっと始めました…第3回目の江戸時代の着付け研修会での資料纏め〜(^_^;)★

201805101341

江戸の角出し結びの復習は直ぐに始めていましたが…写真や資料の纏めの方は、なかなか準備が進まず延ばし延ばしにしちゃってました…。鉄は熱い内に打て!ですよねぇ〜時間が経てば経つ程、記憶が曖昧になり…最近はスッカリと忘れ去ってしまう事さえある…折角の貴重な体験ですから、これはヤバいヤバい!(@_@)
遅くなった理由、いいえ…言い訳は色々ありますが一番の言い訳は…今回は研修会での写真は全てiPadで撮影、それをどうやってプリントアウトしたら良いのか分からなかった…情けないでしょ!?自分でもイヤになりますが、本当に今の時代の流れに着いて行けない…わっち、東京を離れ、何処かで自給自足に近い生活をした方が良いのかも知れないと(…そうしたい…)マジで思います…(-_-;)
で、ですね、かれこれ30年近い付き合いとなる近所のカメラ屋さんに行きまして〜iPadの写真のプリントアウトは可能かどうか聞いたところ「大丈夫だと思うよ〜取り合えず持って来てみて〜」と。かなり時間は掛かりましたがプリントアウトが出来ました。
3回目となると流石に写真に細かな説明を書き込む作業が減って来る〜頭の中で写真が動画のように動くからです〜(^_-)
作業を進めながら〜これは早目に完成するなぁ〜と感じ嬉しくなりました。ご興味があれば是非とも稽古場でご覧下さいませ〜♪

それから〜今年もマダムから頂いた"藍"の芽が出ました、今年で3年目になります♪
そして今年は珠ちゃんから"紅花の種"を頂きまして〜早速、蒔いてみようと思います♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

★今、改めて〜着物に想う心とは〜(^.^)★

洋服と違い着物には一応、季節季節のルールってぇ〜モンがあります。しかしそれも昨今の異常気象が続き…正式な場ではルールは守られますが、それ以外ではかなり自由に変化しつつあります。でも、そもそも着付けの教本に書かれているルールは、いつ頃に誰が決めたルールだったんだろう。江戸時代の着付けを学んでいますが、どうもあの頃は今よりも、もっともっと自由だった感じが伝わって来ます。そう、日常着だったから今の洋服感覚に近い自由さって事かなぁ〜。寸法だって大雑把だったと聞いてるし、現に帯板や帯枕や帯揚、帯〆何んぞは存在しない…紐一本でチャチャチャッと着物を楽しんで居たんですからねぇ〜♪
うん!?もしや…西洋化が急速に進む中、皆が挙って着物から洋服に切り替える危機感を感じた呉服関係者が、生き残りを掛けてもがいた策の1つが、細かく面倒な着物のルールだったのか!?まぁ〜どちらにしても当たり前のように自然に自分で着物が着れなくなっちゃったから…着物が特別な物になっちゃったからだよねぇ…確かに洋服はずっと活動的で楽だけど…目先の事しか考えない、新しモン好き,洋物に弱い日本人に責任がある訳だぁ…(-_-;)
わっちの着物道の基本は、洋服と同じ様に自由に楽しめば良い!ですが〜この約150年位?の堅苦しい着物のルールを知った上で自由に楽しんでこそクール!カッチョ良い〜と思っています。だってルールの中には日本人らしい"ヤセ我慢精神の美学や四季を愛する独特の美意識"が一杯あるんだモン〜わっち、この精神、嫌いじゃない…寧ろ好き…いいえ、大好きでやんすぅ〜(^.^)
着物姿には目では見えない精神性の美しさが現れるから、ただ其処に立って居るだけで美しい着物姿が究極の理想です。そう、高価な着物を着れば良い訳じゃない!絶世の美人で抜群のプロポーションなら美しい訳でもない!着物は着付け次第で欠点を隠し長所を生かせる〜だからこそ何度も稽古して自分の身体を知り、自分に似合う着方を見付ける事が大事!体型も歳と共に変わりますから、わっちもずっと追い続けています。髪型とのバランスもありますしねぇ〜"楽で綺麗で着崩れない着付け"は生きている間の終わりなき一生の学び!って事でやんすぅ〜(^.^)
それから〜コーディネートにも色々ありますが、若い時はいくら渋い物を合わせてもキラキラと輝きがあって素敵ですが…歳を重ねるとねぇ…渋さだけでは厳しくなって来ると感じます。かと言っても若作りとは違います!何処かにチラッと"可愛らしさ"を覗かせるって事です。悪までもチラッとです、分からない人には分からなくて良い!全面に出したら"可愛い〜♪"じゃなくて"頭のイカれたババア"になっちゃう〜(@_@)
さぁ〜今日は"モアさらり"の稽古日です。早目に浴衣に向けての半巾帯の練習をするも良し〜スッキリしない天気ですが稽古場でお待ちしております♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

★今年も元気に泳いでます〜子供の日の鯉のぼり〜(^.^)★

今、現在、我が家のベランダからは二基の大きく立派な"鯉のぼり"が確認出来ます。何れもマンションの屋上なので多分、オーナーさんが息子や孫の幸せや健やかな人生を願って揚げているのだと思います〜(^.^)
東京の空がどんどん狭くなる中で、古き良き日本のホッとする光景ですが…来年には見られないと思います。秋には目の前の三階建マンションが完成してしまい…拡がっていた視野は直ぐ目にマンションのドアの数々が並ぶ事になる…残念です…m(__)m
我が家には男の子が居ないので端午の節句飾りは無縁でしたが…そうだ!縁起の良い鯉柄の帯が有るじゃない〜♪
5月のコーディネートはこの帯か?でもねぇ〜この陽気じゃ、チョイと重過ぎますやねぇ〜月末の紬展&銀ぶら〜何、着ようかなぁ〜(^.^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

★人体の神秘って…素晴らしい、命は尊い、愛しいです…m(__)m★

2018040813222

人体の誕生は〜人体の神秘そのもので〜その世界に触れていると生きている日々の悩みなど微塵のように思えて来る〜それは1つには"死"への恐怖が些細な事に思えて来るからなのかも知れない。実は死への恐怖は年々弱くなっていて…2年前に母上さんを看取った時に更にグッと弱くなりました。生前、母上さんが病院のベッドの上で「もうねぇ〜死ぬのは全然、怖くないのよ〜」と…穏やかに呟いた事がありましたが…何んとなく解るような気がします。自分の今の恐怖や不安は生きて行く事なんじゃないかって…勿論、若い時は違いましたよ。母上さんは安心したかのように静かに安らかに旅立ちました…m(__)m
人間が生まれ来る事だけで壮大な神秘、神秘の受精から約十月十日の内にお腹の中で、気の遠くなるような人類誕生の歴史を辿ってしまう〜鳥肌モンですよねぇ〜♪

最近、思うんですよ〜人との関わりの中で疲れて傷付いて、人との関わりの中で慰められて元気を取り戻す〜人生はこれの繰り返しなんだなぁ〜って。
201804081321 年を取って面倒だと感じる関わりは自分次第で幾らでも切る事は出来る…でもね、相手の心を考えず切る度に自分勝手でワガママな人間になる事は確か!!穏やかな最後からは、どんどん遠ざかって行くと思うんだけどなぁ〜。まぁ〜こんな感情を最初から持ち合わせてない人に何を言っても無駄な事も、最近やっと実感として解るようになったんですけどねぇ〜(^^ゞ
これからもきっと生きている限り新しい人との出逢いや関わりが続くのだと思いますが〜私は正直であると共に"相手に対してフェアでいる事"を心掛けようと思います。この"フェア"の基準も人各々と言ってしまうと難しいんですがねぇ〜どうだろう〜。
例えば、プライドは大事ですが、イイ〜年して下らないプライドを捨てられない人ってカッチョ悪い、クールじゃない!イイ〜年になったら誰よりも素直でおおらかで居たいと、私は思います。体力的には仕方ない日々劣ってしまうけど…心は何があっても大事な人達を包んであげよう〜って…そんな感じ?(^.^)
人生は、大変だけど…この神秘を楽しまない訳にゃ〜いかないよねぇ〜そう思うと少しだけ心が軽くなって前へ歩けそうな気がします。
殆んどの桜が葉桜になってしまった中でも上野では大宴会が繰り広げられていました。目出度いねぇ〜人類万歳〜\(^O^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

★上野へ〜「人体」を観に行ってきました〜(^.^)★

201804081331

行きたい!と思った切っ掛けは何気に見たNHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」で人体の特別展が開催されていると紹介があったからです。難しい専門用語が並んじゃうと何が何んだか解らずに面白いとは思いませんが、誰にでも解るようにシンプルに説明されると人体の不思議や神秘にはメチャクチャ興味が湧いて来ちゃうんです〜(^_-)
だから世の中の人が「活性酸素!?何!?それ〜」って無関心だった時に夢中になって学び色々なセミナーへ出て〜自分でも広める活動に没頭しました、もう25年も前の事です。着付けの仕事に携わっている中でも耳ツボのセラピスト資格を取ったり、上級救命技能認定を取ったり、現在は応急手当普及員の認定修得中〜やはり人体に興味があるからだと思います。でも興味と言っても至ってシンプルで、神秘である人体を解き明かそう等となんて滅相もない!畏れ多い事で…それは頭の構造の違う選ばれし者にお任せと言う事で…そんな方々が誰にでも解るように準備してくれた場が、今回の人体展だと思います(^^ゞ

しかし、あのレオナルド・ダ・ヴィンチがあれ程までに人体にのめり込んでいたなんて初めて知ってビックリしました。彼は人体を描く為の理解を求めて解剖を行い多くの人体解剖図を遺した。その手稿からはダ・ヴィンチが自ら人体の構造を説明する事にのめり込み、考えを巡らせた痕跡(頭部断面からの脳と目の結び付き…消化管と腎臓そして尿管部分等々…)が見て取る事が出来るそうです。1490年代ですよ〜スゴい!なんてモンじゃない!天才です…m(__)m
そして現代の最新の顕微鏡画像はまるで美しい現代アート展を観ているようでした。

201804081332

また「ゲノム」という人の設計図は、その情報から様々な身体の特徴を知る事が出来るそうで〜北海道の礼文島から出土したおよそ3800年前の縄文人の顔相が展示してありました。女性でとってもリアルでした、近所に居そうなオバサンでしたよ〜(^.^)
人体展の中で一番行きたかったのが「ネットワークシンフォニー」〜全ての臓器達は脳からの指令で動いていると思われていた事が実は臓器同士で会話してた!と解ったそうで〜その臓器同士の会話が楽しめるのがネットワークシンフォニーです。まるで体内に入ったような〜神秘な世界でした。久々に時間を忘れて夢中になった…アッと言う間の2時間半でした〜(^_-)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年4月 6日 (金)

★江戸時代の食糧事情をチョイと詳しく〜(^.^)★

先ずは「兵糧丸」…こちらは前回も紹介してくれましたが、戦国の世をパワフルに戦い抜く為の携行食!現代のカロリーメイトでした。
兵糧丸は補給を少しでも楽にしたい戦国大名達の悲願の末に生まれた携行食!上杉謙信や武田信玄など名だたる戦国大名達が兵糧丸の価値を認識し活用していた事は意外と知られていない…当時この携行食の製法は軍事機密であって公にされなかった事が影響しているのかも知れないと…。そうですよねぇ〜例え百万の軍勢であっても飢えてしまえば無力に等しい…m(__)m
なので材料や製法は開発者によってまちまち〜例えば竹中半兵衛の兵糧丸は"薬用人参・もち米・ゴマ"を冷水に浸した後に干して粉末に砕き、また水に浸けて丸く固めた物。これが甘党の徳川家康だと"黒豆・黒ゴマ・片栗粉・砂糖"のなるそうでやんすぅ〜♪
今回の兵糧丸は"麦・黒ゴマ・黒蜜"を粉末にして練って玉にして蒸した物。けして美味しいとは言えないけど、何もない所では〜ほのかな甘味が幸せを感じるかも〜(^^ゞ

さてお次はCawaii!名前の「こぼれ梅」…でもコレは味醂の搾り粕、しかも昔ながらの製法を守っている蔵元さんでしか見る事の出来ない食材なんです。味醂粕って言うと聞こえが悪いけど"こぼれ梅"って言うと品の良い風情を感じるから不思議〜昔の人は熟成される前の爽やかでアッサリとした味醂の香りと濃厚な甘味と粒感から、おやつ代わりに食べたそうです♪因みにわっちは酒粕も甘酒も好きじゃないから…こぼれ梅も正直、好きじゃありません…(^^ゞ

最後は「奈良茶飯」…これは外食の祖だと。明暦の大火(1657年)以降に江戸で外食産業が開花したそうです。その切っ掛けとなったのが浅草金龍山の門前に出来た奈良茶飯屋だと言われています。茶飯に豆腐汁、煮豆、煮しめ等を乗せた膳でかなり豪勢で贅沢な料理だったそうです。それまでは茶の一杯すら飲む事が出来なかった江戸の町は一変し、江戸末期になると何処へ行っても何かしら食べ物を売っており、買い食いは行儀が悪いと避けていた武士ですらそれを楽しんでいた様です。奈良茶飯は米に勝栗、大豆、小豆、アワ等をお茶の煎じ汁で炊いた炊き込みご飯で、奈良の東大寺等で食べられていたのが始まりとされ、その名が付いたそうです。川崎宿の「万年屋」では近くの川で採れたシジミの味噌汁も付いていたそうで〜東海道中膝栗毛の中で弥次さん喜多さんも万年屋の奈良茶飯を掻き込む場面が出て来るそうですよ〜♪今回は"奈良茶飯風おこわ"として食べ易いようにアレンジしてあり、本当に美味しかったです(^.^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

★江戸の「角出し結び」を復習してみました〜(^.^)★

研修会からアッと言う間に1週間が過ぎてしまった。3回目の参加でやっと「江戸の角出し結び」の全貌がインプットされた…はず!?なので帰宅したらなるべく早くに復習しようと思っていたのですが…ほら、柄になく体調がイマイチだったので気になりながらも延ばし延ばしになっていました…(-_-;)
これ以上サボったら折角全貌がインプットされた!?のに、また躓いてしまう…時間を掛けて積み上げた物が逆行しちゃう…それはエライコッチャ!!と先ずはボディーちゃんでGO!大塚先生の手順や手捌きを思い出し〜輪を上にして確認するように結び始めました。
帯は今の時代の袋帯、長さも通常ですが〜実はこの帯は、江戸の角出し結びがしたいが為に帯裏の色に拘って誂えた帯なんです。何も指示しなきゃ黒の帯裏が着いて来ちゃう、それじゃ〜余りにも面白くないでやんしょ〜。経錦の太子間道、あの勇ましい鯉柄帯よりはずっと軽いし柔らかい、結び易い帯です。よしよし、手順の方も忘れていなかった!なかなかイイ〜感じ〜♪
後はお太鼓部分に畳み線が出ないように一度プレスして線を消してから畳み方を工夫しようと思います〜(^_-)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

★続!江戸時代の着付け研修会のご報告〜(^.^)★

お腹も満たされてリラックスしたところで先ずは"新日本髪"の実演からスタートしました。これがまた見ているだけの時間が長くてマジで眠くなった…(ウトウトtimeに突入している方も…)で、仕上がったところで大塚先生による"舞妓さん"着付けが始まって一気に睡魔は消え去りました!今まではどんな着物や帯も流れるように軽く仕上げてしまう大塚先生が、体全体を使い帯を締め上げている…話には聞いていましたが、これは正に男の仕事だと実感しました。"花魁"の着付け実演も見た事がありますが…舞妓さんの着付けはスゴいし、どの角度から見ても本当に美しい〜感動しました〜(^.^)

20180325137

そして明治、大正、昭和に掛けての"お太鼓結び"の形の変化、半巾帯のアレンジ結びや、江戸の角出し結びの復習を兼ねて堅くて重くて短い帯を緩まず綺麗に仕上げるコツ!を伝授して頂きました。白地の帯では"京の角出し結び"を結んで見せてくれました。手先の左右を広げてより華やかに仕上げるそうです♪

更に持参した拘りの仕立てで長くなってしまったシャレ袋帯で、どうしたら形良く角出し結びを仕上げられるか…やっぱり短く切って加工した方が良いのかを相談したところ…実際に結んで2パターンの結びを教えて下さいました。「切らないで、このままで大丈夫ですよ。鯉は縁起が良い柄、カッコ良くてイイ〜帯ですよ♪」と言って下さり嬉しくなりました。少し重いけど結び方を練習してこのまま楽しもうと思います〜(^-^ゞ
sakichanの帯は江戸の角出し結びでイイ〜形に仕上がりました。

江戸時代の着付けは本当に面白い!主催者側はバージョンアップを気にしているようですが、わっちは復習で十分ですからこれからも江戸時代の着付け講習会は続けて頂ける事を強く望みます。
江戸時代からの着物の歴史、着付けは本当に奥が深くて楽しくてたまりません。特に日常着としての着方ですが、これは一般の着付け教室では学べない!
また暫くの間、稽古場で復習しますから興味のある方は是非ともお越し下さいませ〜(^.^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧