カテゴリー「映画・テレビ」の182件の記事

2021年2月27日 (土)

1年ぶりの映画館は〜(*^_^*)

前回と同じ、豊洲のユナイテッドシネマへ〜今回は“素晴らしき世界“を観て来ました。前回ですか?ブログでも呟きましたが、時間に遅れてしまい本命を逃し…“アナ雪2“を観ました。まぁ〜オラフ大好きなので、これはこれで良かったんですけどねぇ〜。コロナの影響で残念ながら公開が延期になっている映画が沢山あります。本当は“トップガン“が観たかった…いつになる事やら…気長に待つしか無い…。
他の映画館ならもっと色々やってるのかも知れませんが…実は手持ちのチケットがユナイテッドシネマ限定なモンで選択肢が少ないんですが、豊洲へはアクセスも楽で、更に広くて綺麗で、平日ならばガラガラってぇのが嬉しい!
1年前にもあったのか記憶に無いのですが駅から地上に上がらずに、ずっと綺麗なショッピングモールの地下道で繋がり映画館へ行けた!映画が終わったら何処で一杯やろうか〜早々にウキウキでした🎶

202102181421

肝心の映画ですが〜実在した男をモデルに社会と人間の今を抉る問題作〜下町の片隅で暮らす彼は見た目は強面でカッと頭に血が上りやすいけど、真っ直ぐで優しくて、困っている人を放っておけない男、でも彼は人生の大半を刑務所を出たり入ったり過ごして来た元殺人犯。社会のルールから外れながらも何んとか真っ当に生きようと悪戦苦闘する中で社会と人間との関わりで悩み、もがく…絶望と悲しみの中でも彼を応援してくれる人達の愛情に必死に応えようとする生きる姿に何度も胸が熱くなりました。社会のルールから外れるのは全て本人のせいなのか…生い立ちや育ちは罪を犯す理由には必ずしもならないけど…大小関わらずルールから外れ罪を犯し反省して、やり直そうとスタートした時にどの階段を上り始めるのかが凄く大事な様な気がします。本人が選べる時もあるでしょうし、選べない運命の時もあるでしょう。上り始めた階段が普通の階段なら休みながらでもコツコツ上り続ければ良い…上りのエスカレーターであったなら罪を繰り返す事のない人生になるかも知れない…逆に下りのエスカレーターだったら少しでも足を止めたら罪の世界へと転落、人生をやり直すのには相当な試練と努力、忍耐を要する事になる…俗に言う逆玉は上手く上りのエスカレーターを選んだ人になるんじゃないかと…。

202102181422

昔はそんな人を羨ましく感じた時もあったけど、今は年を重ねる度に“身の丈に合った生き方“が自分にとっての幸せなんだと実感しています。この62年間…上りも下りもエスカレーターを歩き今は普通の階段を歩いている気がする波瀾万丈な人生でしたが…今が一番幸せです。大小欲しい物は沢山ありますが、何が欲しい?と問われたら何も要らない…好きな様に生きて来て、欲しい物は大事な物は今、全部、目の前にある気がするから…。
“素晴らしき世界“…この映画は想像以上に胸にズシンと来る重たい映画でした。
豊洲と来ればやっぱ魚でしょ!美味しい美味しい刺身を頂きました〜🎶

202102181425
202102181423
202102181424

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

皆々様〜ご無事ですか〜?突然ですが、明智光秀って…悪人じゃなかったの⁈

先ずは皆々様、ご無事ですか?
お陰様で私も、周りの大切な人達も皆、変わりなく無事で御座います。今までにもAIDSやインフルエンザ、東日本大震災と…色々な恐怖はありましたが、間違いなくコロナは、戦後生まれの自分には、多分、人生で最強のウイルス…日常を大きく変えた事件の歴史です。
コロナからは、もう暫くは逃れる事は出来ない…長期戦ならば、こんな状況でも一人一人が工夫して…悪く変わってしまった事をコロナのせいにせずに!ストレスを溜めない生活を送るしか無い!マスクの下でも笑顔を忘れちゃダメ!安全な場所では腹筋が痛くなる程、笑いましょうよ〜何よりも免疫力、上がりますから〜もう、こうなったらコロナのせいにしちゃダメだ!そんな気持ちで日々を生きましょう〜コロナは必ず収束しますから〜(^.^)

2021021267

で、明智光秀さんなんですが〜
NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が先週、本能寺の変で終わりました。朝の連ドラが毎朝のルーティンの様に、いつの日からか大河ドラマもルーティンになりまして…若い頃はNHKなど全く興味無かったのに…年ですかねぇ…。今回はコロナで途中で中断、時間稼ぎの為に何度も何度も詳しく歴史の流れを知る事が出来ました。今までは自分が見た物は信長側からの映画やドラマが多かったので明智光秀は完璧に悪者、それが「麒麟がくる」では一変しました!明智十兵衛光秀…応仁の乱後の荒廃した世の中で彼の戦略的才能は家臣の目に留まる…全く異なる新しい解釈で戦国の英雄を描いたドラマ…明智十兵衛は誰よりも人間愛に溢れ、常に最後まで平和な世が来る事を願い戦った戦士だったんじゃないか…?と…44回の中で毎回、ジーンジーンと十兵衛に惹かれて…自分はどっぷり!NHKの思惑通りの視聴者になりました(笑)
余談ですが〜応仁の乱と言えば、この戦いで西の陣が勝った事で帯の三大産地の一つ、西陣織が栄える事になったんですよ〜🎶

2021021266
2021021265

後、今回の大河ドラマでの衣装が楽しかった!室町時代なので女性は皆、対丈の小袖に細帯〜キリッとした中に可愛らしさや色気や優しさを感じる〜流石!衣装デザインを担当した黒澤和子の世界でした。戦国時代と言うと余り明るいイメージを持ちませんが文献や現存している当時の物を見ると、戦国時代は日本の歴史の中でもとても派手な色が使われていた時代だったそうで意外でした。だから武将達の衣装も、民衆の衣装もカラフルでビビッドで本当に毎回毎回楽しかった〜🎶麻素材が多かった事もまた嬉しく、小千谷縮が大好きなわっちに取っては実際には殆んどのないカラフルでビビッドな麻のオンパレードにはワクワクしちゃいました〜🎶
今の時代の着物の着方も好きですが、室町時代のあの女性の着姿は本当に動き易そうで憧れます。あんな着姿で日々を送れたら人生、幸せだろうなぁ〜(*^_^*)

2021021262
2021021261
2021021263
2021021264
2021021268

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

久々にドキッとした着物〜(*゚▽゚*)♡

2021011681

新しく始まった朝の連ドラ“おちょやん“〜ご覧になってますか?私は“ゲゲゲの女房“の途中から何気にハマり…毎朝のルーティンになってます。今回は大阪京都が舞台のプチ喜劇?今は未だ明治時代なので日常着が着物!そこも楽しみの一つです🎶
乞食や貧乏人の継ぎ接ぎだらけの着物、町人、役者、女将さん、旦那さん、お嬢様、お坊ちゃん、使用人〜その着姿で大体の身分がわかる、ある意味面白い時代です。
江戸時代の着付講座で何度もお世話になっている大塚先生に教わった江戸時代の垂れが帯裏になる角出し結び姿がバンバン出て来る〜とても勉強になります。大塚先生と言えば1/2のNHK正月時代劇“ライジング若冲“ご覧になりましたか?去年夏から撮影が始まったそうで、この衣装デザインを担当したのが大塚先生です。私、ウッカリ…見るのも録画するのも忘れてしまい悔やまれました、再放送しないかなぁ…。
着物で出掛ける事もメッキリ無くなり、展示会はポツリポツリと開催されては居るものの、足を運ぶ気になれない…事、着物に関してはワクワクドキドキする機会が無くなっていた中、朝の連ドラのこの着物姿を見た時にドキッ!としてワクワクして嬉しくて、あ〜あ〜着物ってイイ〜なぁ〜って、幸せな気持ちを思い出せました〜🎶
目が醒める様な鮮やかな赤紫の着物、紫色の絞りの半衿が白く柔らかな首を艶っぽく強調する、同系色で纏めている中で羽織の黒繻子の衿が艶っぽさに輪を掛ける!男勝りのキリッとした役柄の女優さんだから、コレまた色っぺい〜のよ〜10年前なら着てみたかったぁ〜🎶
同系色で纏めても、それを更に引き立たせるのは絶妙な挿し色だって言う事が勉強になりました。

2021011682
2021011683

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

久々の劇場での映画は〜アナ雪〜でした〜(^.^)

大好きなビックなオラフを先日のボロ市でゲットしてから、その日イヤな事があっても、ベットに入った瞬間はギュッと幸せになれる日々を送っています。一作目のオラフに満足しているので、どうしてもパートIIが観たいと思っては居なかったのですが〜弟が今月限りのチケットをくれましてスケジュール的にコレしか無かったと言うのが正直なところでした(^_^;)

場所は初めての豊洲、ユナイテッドシネマ〜思ってたよりもメチャ近い!俗に言うウォーターフロントってとこで、高層ビルが建ち並ぶ美しい風景ではありますが、好きだけど好きじゃない…自分には胸がキューンとなる故郷の風景です。映画は前作よりも大人っぽい内容に感じましたが歌も映像も素晴らしかったです。もう一度、今度はゆっくり観たいなぁ〜って思います。

20191224132
20191224131
20191224133
20191224134

もう遅いかなぁ〜って思ったんですが〜折角、来たんだから市場へ行こう!と。朝は5時からオープンですが、夜は5時で終了。結局、人々が去ってしまい、店も暖簾を終い片付けも終わってしまったビルの中を早足で見学するだけで終わってしまいましたが、こんな経験も悪くないかなぁ〜って〜次は早起きして楽しもうと思います〜🎶

20191224135
20191224137
20191224136

劇場で紙粘土で作るオラフキットを頂いちゃいました。器用なネネに作って貰おう〜(^_-)

20191224138
20191224139

こちらのゴージャスなフレームはプリザーブドフラワーと言う、ドライフラワーや造花と全く異なる新しい加工花です。生花の内に色素を抜いて特殊染料を吸わせる事で鮮やかな色とソフトな風合いを長時間保つそうな〜梅太郎が長年勤めたファミマの店長さんからの退職祝いで送られ来ましたが〜ゴージャス過ぎて我が家には飾るスペースが無い…(^^;)

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

久方ぶりにレンタルビデオ、借りて観ました〜(^.^)

201911251401

2年ぶり?位になるんでしょうか〜レンタルビデオ三昧に浸っていたら、ついついウトウトとしちまって首を痛め更に右腕の鈍痛&痺れで完治するまで偉い目にあって以来ですから…。
借りる本数は毎度の事ながら4本、これが何を借りようか〜なかなか悩んでしまうんですが〜今回は、教誨師・洗骨・日日是好日・まく子、の4本を借りて来ました。

"教誨師"は去年、亡くなられた大杉漣さん主演の遺作となった映画です。プロテスタントの牧師が教誨師として月に2回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚達と面会する。無言を貫く者、ヤクザの組長、年老いたホームレス、お喋りな大阪弁のオバチャン、面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な父親、自己中心的な若者〜自分の罪と向き合って反省し、少しでも安らかな心で死を迎えられるようにと努力する教誨師の心の葛藤が犇々と伝わって来る、考え深い映画でした。

"洗骨"は奥田瑛二さん主演、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり骨だけになった頃に縁深き者達の手により骨を綺麗に洗って貰う事で晴れて「この世」と別れを告げる事になると言う風習。妻に先立たれて死を受け入れられず酒に浸る父が洗骨を機会に前を向いて歩き出すと言うストーリーです。身内や大切な方との永久の別れは本当に辛い…受け入れ方を見付けるまでは本当に苦しい…。父との別れ、母との別れの時の自分と重ねて観てました。生きて行く事は辛い事の方が多いからこそ!気持ちを出来れば早く切り替えて、嫌々生きずに学び楽しむ気持ちで歩いた方がイイ〜んじゃない?って再確認しました。

"日日是好日"も去年、亡くなられた樹木希林さんの遺作となった映画…別に遺作特集しようと思った訳じゃないのに…心境だったんでしょうねぇ…m(__)m
日日是好日…禅語の中でも好きな言葉の一つです。簡単に言えば、最悪な日であっても毎日は新鮮で最高に好い日だと言う意味。雨も楽しもう、寒さも味わおうって過ごせば掛がえの日なる…ほのぼのとした字面ですが、是また究極に難しい…。
"世の中には直ぐに分かる物と直ぐに分からない物の二種類がある。直ぐに分かる物は一度通り過ぎればそれで良い。けれど直ぐに分からない物は長い時間を掛けて少しずつ分かって来る…子供の頃はまるで分からなかった事でも大人になると止めどなく涙を流してしまう事のように…"こんな台詞を希林節で淡々と優しく語る場面が素敵でした。

"まく子"は思春期の揺れる心をファンタジーに描いた映画でした。
さぁ〜今からガラケからスマホへの乗り替えにイザ出陣!更に携帯会社も15年ぶりにDOCOMOからauへ乗り替えま〜すぅ〜(^_-)

201911251402

・‥…━━━🎶🎶・‥…━━━🎶🎶・‥…

着物でぶらり〜お出かけ予定などはホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を🎵

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

★今更ですが…"プライド"の再放送、観ています〜(^.^)★

20190202651

2004年放送のドラマ…15年も前、流石に皆さん若い!艶々キラキラしています。坂口憲二さんの今の状況を誰が想像したか…人生は本当に一歩先は分からないから、今を!今日と言う日をシッカリ生きて…今、出来る事は先送りしない!そう生きようと思います…m(__)m
キムタクの母親役で松坂慶子さんが出た時、その若さにビックリ!何故ならば〜朝のNHK連ドラ"まんぷく"で母親役をしている今(15年後)の彼女を毎朝見ているからです。"おいおい他人事じゃない!自分も同じ位、老いているんですよ!!"って…仕方ない事だと頭では分かったつもりでも…心の深い所がキューンと寂しく、哀しくなりました(^^ゞ
と、同時に"恋の始まりはキラキラしててドキドキして〜やっぱり一番素敵な感情だなぁ〜"って、再確認出来た事が嬉しくて今更ながらハマってしまいました。思えば15年前は梅太郎も未だ5歳…仕事終わって急いで保育園へ迎えに行って、帰宅してからも戦場で…リアルタイムでドラマを楽しめる時間などなかった…。クイーンの映画が大ヒット中と言う状況での再放送?だったんでしょうが〜"プライドを捨てるにも勇気がいるんだ…"とか"過ちじゃなく真実で結ばれた"とか…昭和生まれにはグググッと心を揺さぶる様な台詞が多々出て来てタマンない!もう、流石に60年も生かして頂いたので…自分の意見や感情が多くの人も同じだと、確信する(押し付ける)事は止めましたけどねぇ〜(^^ゞ
自分も彼処までではないにしても確かに"青春"と言う時間を生きて来た訳で〜何も悔いなく"プライド"を楽しんでいます♪コレって何話まで続くのかなぁ〜毎日録画しています〜(^_-)
え〜っと〜今日は節分です。2月って1月と違いアッと言う間に過ぎ去ってしまうと感じるのは私だけですか?ボーッとしてると間際になって"お雛様"を慌てて出す事になる…。大した事はしませんが、サクッと豆まきだけは毎年します、災いのない1年でありますようにと…m(__)m

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

★久々のレンタルビデオ三昧〜(^.^)★

「光」…最後まで観ましたが私的には失敗…この手の世界観は面白いとは思わない…生きて行くのがより哀しくより切なくなっちゃう…苦手な映画でした…m(__)m

「巫女っちゃけん」…アマテラスさんも巫女舞いを舞い、ネネも巫女舞いを〜そして梅太郎も関わった〜自分自身は特別な興味はなかったけど身近な人が関わった〜(そうだぁ…母方の叔父が神主だった…)なのか、フッと目に止まり借りてしまいました。九州の宮地森神社が舞台〜あの景色の中で暮らしていたら穏やかな心になるよなぁ〜と思える、雄大でとっても素敵な神社です。ブッ飛び巫女が繰り広げる物語〜クスクスって笑えます〜(^^ゞ

「DESTINY・鎌倉ものがたり」…"ALWAYS・三丁目の夕日"のスタッフが作ったファンタジーな夫婦愛の物語、独特の昭和の懐かしさ〜好きだなぁ〜♪あの世を"怖い終わり"と考えず次の世として、またこの世に生まれ変わるまでの時を過ごす場所として描いてる…生と死を常に問いながら迷いながら生きている自分に取っては、本当に癒される映画でした。

「祈りの幕が下りる時」…新参者完結編!人形町界隈が出て来る、シリアスな事件でありながら…ホッと見続けられる映画です。かなり切ない内容でしたが…この人生、ちゃんと最後まで生きなきゃダメだねぇ…って思える映画でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

★珠ちゃんから〜素敵なお便りが〜(^.^)★

人の想い…思い…考えている事って、ふっと…えっ!?何んで!?伝わってたの!?って思う時が、たまにある…ありませんか?時として人の想いは時空を越えて〜相手の心に届く事がある〜不思議、素敵、ロマンです♪
"今、私もそう思ってたぁ〜"とか"虫の知らせ…"とか〜人間には何か見えない力があるのだと〜わっちは思っています〜♪

20180514721

先週の稽古は珠ちゃんとマンツーマンだった事は呟きましたが〜稽古後のお疲れ様の乾杯タイムも、ゆっくりと遠い時間が流れたようなぁ〜他愛もない話しになりまして〜何故か心が落ち着いた…今の自分に取ってスゴく大切な時間、必要な時間だったんだなぁ〜と感じました。
答えが見付からないこれからの漠然とした人生は、今の最大の悩みですが〜そんな中でも日々を大切にちゃんと生きていれば、希望が持てるような〜元気が出るような〜人との出逢いが必ずある!シンデレラストーリーとは無縁でしたが60年近く色々ありましたが〜わっち、幸せに生きて来れてます、有難い事です。だから、つい…"もしかしたらクヨクヨ悩まなくても自分の人生は普通に大丈夫かも知れない!?"と思ってしまう事も無くは無い〜要するに根がノーテンキなんでしょうねぇ〜(^^ゞ
自分の人生と切っても切れない"着物"の事もアレやコレやと、これまた漠然と考えていたら〜珠ちゃんから手紙が届きました。メールやラインが主流の中での手紙ってぇ〜のもイイ〜ですよねぇ〜♪

中には一筆と共に朝日新聞の切り抜きが〜ニッポンの宿題"きもの産業これからも"が同封されていました。"やまと"の会長さんと"岡山工芸"の社長さんのお話が〜どちらもとても興味深い。また、これについては後日ゆっくりと考える事にしますが〜。珠ちゃんは何かと素敵な情報を流してくれます。公開中のこちらの映画も監督さんが古くからのお知り合いとかで〜"中山美穂で映画を撮りたい…"との長年の願いが叶った映画だそうです〜♪
珠ちゃん、いつも有難うございます〜これからも宜しくお願い致します〜\(^O^)/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

★絶対に観たかった映画「僕のワンダフル・ライフ」〜(^_-)★

"A DOG'S PURPOSE"="犬の目的"〜確かにナレーションは犬の目線からでした。これが犬の本心だとは確証はないけれど、長く犬と付き合っている自分としては苦笑いしながら頷ける場面が沢山ありました。まぁ〜登場する犬達も皆、感情も表情も豊かで愛らしい愛しいの一言!
とかく動物をテーマにした映画は"泣かすストーリーでしょ!?"ってぇヤツが多い…だからこの映画も覚悟して観ましたが、チョイと一味違う切なさに包まれた涙で…悲しいとか苦しいだけの後味の悪い涙とは違いました。自分はずっと一緒だった犬を亡くした時には「こんなに苦しくて辛くて悲しい気持ちになるなら、もう二度と犬は飼わない!」と思いましたが…それよりも、ずっと一緒に生きた時の方が幸せで大切な時間だったんじゃない!?って思わせてくれる映画でした。

4回生まれ変わり4回目に一番逢いたかった最初の飼い主に逢えて一生懸命に「ボクだよ!ボクだよ!」とアピールする姿の愛しい事ったらない!そして飼い主が気付くのです。実は今の我が家のダックス犬・小羽来(コハル)なんですが…不思議な事に先代のラブラドール犬・ギブを思わせる行動を取るのです。犬種も大きさも全然違うから「おいおい…それは幾ら何でも君の短足胴長の体型じゃ無理でしょう…自分がミニチュアダックスだって事、分かってますか!?」って言うような行動をねぇ〜チャンスがあれば動物の心が分かるスピリチュアルな方に聞いてみようと思っているんです〜(^^ゞ

映画の最後に4回生まれ変わった犬の目的の感想が流れますが、コレって人間にも(正しくは自分にも…です)当てはまる、言える事だなぁ〜って、もっと自然に楽に生きてイイんだぁ〜と気持ちが軽くなりましたので紹介しますね。

「犬生を繰り返して来て学んだのは
勿論、楽しむ事
困っている人を探し救う事
好きな人を 舐め
過去をいつまでも悲しまず
未来を憂いもしない
ただ 今を生きる
今を一緒に生きる
それが犬の目的」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

★秋からの楽しかった連ドラの数々が終わりました〜(^_^;)★

年末は只でさえ訳もなく切なく寂しい気持ちになっちゃうのに…楽しみだった連ドラの数々も終わりになっちゃう…続いた物を終わりにして新年は新しく始める…コレって日本人気質なの!?まぁ〜リセットボタンを押す事は悪い事じゃないし、人生にはメリハリも大事だと思いますけどねぇ〜(^^ゞ
少し時間があるとレンタルビデオ三昧していましたが、秋は面白そうなTVドラマがあり録画して観たら〜なかなか面白かったのでTSUTAYAへ行く暇がなかった。気になっている唯一の洋画ですが"僕のワンダルフルライフ"は未々先のようですしねぇ〜。年末ギリギリに纏めてTSUTAYAへ行って借りて来ようと思っています♪
今回の連ドラの中の台詞で、心の深い所までジーンと響いた言葉が幾つかありました。もう〜"陸王"の職人魂!最高でした。毎回、胸が熱くなって感動の涙が流れて〜でも実際に、こんなに熱く日々を生きてる人ってどの位居るのかなぁ〜って、直ぐに気持ちはクールダウンしちゃうんですけど〜何かの重大な決断をしなきゃいけない時には、損得なく正直な気持ちで進むべき道を選ぼう!と思うのであります(^^ゞ
嵐の櫻井君が校長を勤めた"先に生まれただけの僕"…自分の性格?性分なのか…「先生」と呼ばれる事にスゴく抵抗があるのです。"先生=何でも知っている"と言う方程式が小学校の時に自分の中で強くインプットされたのです。だから最初、着物の世界で「先生」と呼ばれた時のイヤ〜な違和感、忘れません。実は今でも心地好く無い、慣れません。最終回の台詞の中に沢山の素敵な言葉がありました。
「人と比べない…今の自分の最高を目指せば良い」
「10年後のなりたい自分になる為には今!、明日、1年後がベースになるんだ」
「誰にだって未来を見通す力等無い!そもそも自分が何かをするまで未来など存在しない、不安や悩みの中で足掻くしかないんだ…やってみないと分からない事しかない…自分が未来を創るんだ」
「人は何歳になっても成長出来る、後に続く者も周りもちゃんと見てるから自分も変わろ!」
「先生=講師」と言う言葉には沢山のプレッシャーがありましたが(勿論、今もあります)皆さんよりも少し先に着物道を歩き出しただけ〜問われて分からない事は必ず次回までに答えよう!沢山の引出しを持とう!こんな気持ちで今も、悩み足掻きながらチョイと先を歩いています〜(^.^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月のお稽古予定はホームページ:きものを楽しむ更凛仲間の珍道中ゆらり着物道でご確認を♪

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧